里山の再生と森林整備や農山村地域の活性化を図ることを目的としています。

これまでの活動内容CONTACT US



    過去の活動







 2050年の森木製遊具製作準備

 スギの丸棒に防腐剤と塗料(自然に優しい塗料)を丸棒1本1本に丁寧に塗っていきました。
 丸棒の大きさは、20cm、15cm、12cm、10cm、9cm、6cmと多種多様です。
 利用する箇所により使い分けます。

  その他の写真は里山のブログに掲載します。










 森のプランナー養成講座5日目


 今日は、立木を伐採する方法について学びました。
 自分の思った方向に倒すための方法について、安全な伐倒の仕方について研修しました。

 この木は、我がNPOのベテラン指導者吉光先生が伐倒しました。
 これくらい大きくなると、研修生には少し無理ですかね。


  その他の写真は里山のブログに掲載します。














 森のプランナー養成講座4日目

 チェンソーと刈り払い機の操作、点検、使い方。

 講師は、等法人の会員(林業機械関係指導のスペシャリスト乗安先生)
 機械のメンテの仕方を実施、山に行って実際の使い方を研修しました。

  その他の写真は里山のブログに掲載します。








 里山工房「夢の森」にある看板を撤去
 高所作業車と大型グラインダーを使って撤去しました。
 重さは、100kg以上あり増したが、無事終了しました。
 お疲れ様でした。










 旅行村の枝払い
 ケビンの上に腐ったクヌギの枝や折れそうな枝、折れて引っかかっている枝などが沢山あります。
 指定管理の中には作業としてはありませんが、迷惑を被るのはお客様なので、自力で撤去をしました。
 1日や2日では撤去できないほどの危険な枝があります。
 ケビンにも良くないです。

 困ったものです。









 秋吉台最高峰の龍護峰のご来光トレッキングお疲れ様でした。
 今年のご来光は、今までで最高の初日の出でした。
 参加された皆さまには、今年きっと良いことがあると思います。
 申し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。
 秋吉台旅行村 所長 NPO法人やまぐち里山ネットワーク 事務局長:赤川瑞夫

その他の写真は里山のブログに掲載します。






 クリスマス会の開催
 秋吉台リフレッシュパークでクリスマス会を開催しました。
 今年は、あいにくの大雪と寒波でキャンプのお客さんがキャンセルが多く、少人数で開催しました。
 景品が余らないように、大人も参加してビンゴ大会を開催しました。

 皆さん楽しそうに参加されました。

その他の写真は里山のブログに掲載します。





 ミニ門松づくり(12月24日)
 今年も残り少なくなりました。
 2050年の本年最後の森最後のイベント「ミニ門松づくり」を開催しました
 今年は、コロナも猛威を振る舞っていますので、広告はしませんでした。
 2050年の森ファンクラブの方々にメールでご案内を出しました。
 手違いも有りご迷惑をおかけしました。

 皆さん上手に楽しんで作成されました。

その他の写真は里山のブログに掲載します。





 (12月17日〜18日) 
令和4年度森のプランナー養成講座 視察研修
 佐賀県の「さが21世紀県民の森」に視察に行きました
 指定管理者の理事長さんから色々と取組をお聞きしました。
 理事長さんのお話と、活動に敬服しました。
 我々も見習う点が数多いと反省しました。

その他の写真は里山のブログに掲載します。









 (12月9日〜11日)
 NPO法人やまぐち里山ネットワークの視察研修を実施

 今年は、2泊3日で実施しました。

 技術鍛錬と会の結束を高めるのが目的です。
 皆さん楽しく、研修を受けられました。
 盗める技術は積極的に、改善すべきは素直にと意欲的に研修を受けました。

 宮崎県の林業技術センターの施設は、流石に林業県の取組と感心しました。
 一般の方々がいつでも木工体験等の指導を受けられるように施設が整っていました。
 うらやましい次第です。


その他の写真は里山のブログに掲載します。












 2050年の森管理棟でクリスマスリースづくり
 今年もこの季節がやってきました。
 皆さん楽しくクリスマスリースをつくられました。
 ツバキの実を使ったり、スギの葉や、どんぐり、アメリカフウ、松ぼっくりなどをリースの輪に輪につけていきました。


 その他の写真は里山のブログに掲載します。






 第15回水を守る森林づくり体験活動
 総勢118名の参加で間伐作業と除伐作業が行われました。
 温かい日差しの中での作業は汗をかきました。
 ヒノキの直径20cmぐらいの木を伐採し枝打ち玉切り工程をノコで実施するのは疲れますね。
 時間の関係で、チェーンソーの出番もありましたが、参加者の皆さんはなれないノコを使って良い汗をかいておられました。

 最後に参加者全員で集合写真です。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。






 令和4年度森のプランナー養成講座 開講式
 本年度の講座が開講しました。
 本年度は、木材の伐採、搬出を主体に講座を開きます。
 ボランティア活動の中にチェーンソーや草刈り機を取り込んだ安全な作業を推進するためのものです。
 本日は、山口県森林企画課長のご挨拶に始まり同企画課主幹からは山口県の森林の現状等についてご指導を頂きました。
 午後からは、NPOによる森の話をしました。

 これから7日間の講座がスタートしました。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。






 きららで遊ぼうあじす自然体験会が開催される。
 きらら博記念公園に関係する団体等の参加でワークショップが開催されました。
 我がNPO法人やまぐち里山ネットワークは竹でつくったウグイス笛の作り方を子供たちに体験して貰いました。
 1番鳴き声が大きいのはどうしたら良いかなど色々とチェレンジしていました。
 できあがった笛でウグイスの泣き方を練習していました。ピーピー、ピーピーとあちこちで鳥の鳴き声が聞こえていました。
 4班で各コーナーをまわって色々な体験されました。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。







NTTドコモの皆さんが森林整備活動
 「ドコモ秋吉さくらの森」(秋吉台家族旅行村のさくらの森内)においてNTTドコモの職員の皆さんが桜の手入れをしました。
 平成16年2月に植栽したさくらの下草を刈りました。
 シカの被害でかなりの本数が食害されて、思ったほどの時間がかかりませんでした。
 今後、食害されたところをどうするかが課題です コロナ被害のため2年越しの活動となりました。
 手入れされた森林は見る見る間に綺麗になりました。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。







 共和キリン(株)の皆さんが森林整備
 コロナで森林整備がこの2年間できなかったので森の中も暗くなっていました。
 今年は、今後森林整備を続けるに当たっての前哨戦ということで、少数精鋭の方が参加されました。
 例年ですと30〜40名の方が参加されています。

 来年から、コロナの影響もなくなり皆さんが参加できるようになることを祈って、作業を進められていました。









第20回リフレッシュパークまつり
11月6日(日)


































 2022里山フェスin秋吉台

 晴天に恵まれ沢山の方が参加されました。
 竹コースターは、相変わらずの人気で皆さん並んで待っておられました。
 3年ぶりの餅まきは、午前と午後に対象者を変えて実施しました。歓声が懐かしく思いました。
 今年のチェーンソーアートは、来年の干支のウサギです。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。







 2022里山フェスin秋吉台 前夜祭
 キャンプ場宿泊者のみが参加できるナイトイベントを開催しました。
 ジビエ料理やポンポラ酒、焼マシュマロなどアウトドアークッキングの試食会を開催しました。
 真っ黒な夜に灯した竹灯籠や丸太コンロ(スエーデントーチ)、焚き火台も幻想的な雰囲気を作っていました
 皆さん秋吉台の夜を満喫されていました。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。







 里山フェスの竹コースター用竹を伐採しました。
 地元の方の竹林を伐採させていただき、無事1日で伐ることができました。
 ありがとうございました。
 














 ゆめ花マルシェ 2022
山口市阿知須のきらら博記念公園内でゆめ花マルシェ2020が開催されました。
2050年の森でNPO法人やまぐち里山ネットワークが各林業関係団体や森林ボランティアグループの参加を得て林業体験コーナーなどを開催しました。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。









 竹とんぼと草木染め体験
 山口市阿知須の子供会の皆さんが竹とんぼづくりと木の葉の葉脈づくりにチャレンジしました。
 竹とんぼにゆめを乗せて飛ばしたいとかっこいいことを言ってる子どもさんもいました。
 木の葉の葉脈づくりは、こんなに葉脈だけが残るんだと感動していました。
 最後にみんなで、竹とんぼにゆめを乗せて大空に飛ばせました。
 雲ひとつ無い青空に高く飛びました。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。






 NPO法人やまぐち里山ネットワークの今後の活動打合せ会議の開催
 10月以降は、当法人が開催するイベント等が多数あることから、スタッフによる今後のスケジュール等の打合せを実施しました。
 併せて、新しい会員の紹介と会議終了後には2050年の森でイベント用のどんぐりを拾いました。
 中々、行事が多くて人手が足りません。皆さんの当法人への加入をお願いします。

 10月8,9日のゆめ花マルシェ2022でスタッフ募集を実施します。よろしくお願いします。






 SDGs体験活動
 秋吉台家族旅行村で植樹活動がありました。
 県内の子どもと保護者2人一組で30組が参加されました。
 森林の役割や丸材でつくるベンチの作成経験、最後にメインの植樹会をして盛会裡に終了しました。
 これを機会に今後も続くと良いと思います。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。 









 2050年の森整備
 秋吉台の作業が長引いたことから、2050年の森の草が伸びすぎていました。
 早速に、草を刈り低木の整枝剪定等を実施しました。
 ワイルドバンチまでには、全ての管理を実施し全国のお客様を気持ちの良い環境で受け入れたいと思っています。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。









 太陽石油SDGs体験教室in山口〜第1回 山口に木を植えよう〜
 秋吉台家族旅行村で開催される表記イベントの植栽木保護のために竹杭を作成しました。
 植栽木本数の150本です。
 9月17日(土)に開催されます。











 ツリーハウス完成
 本年度の木製遊具づくりは全て完成しました。
 @丸太の平均台
 A丸太吊り橋
 B丸太見張り台(ツリーハウス)
 全て完成しました。
 防腐剤等が乾いていまいので、今しばらくお待ちください。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。







   ツリーハウス製作中
 丸太はしごと体型木材にらせん階段を製作しています。
 危ないツリーハウスづくりをしたかったので
すが、さすがに少しだけ危ないツリーハウスになりました。
 子供たちがどんなことが危ないのかを知ってもらいたいのですが、今の世の中危険なものを作って事故になればすぐ、制作者や管理者の方に責任が来ます。
 そのことが有り、思い切ったことはできません。
 危ないということを知らない子供たちが、増えてきています。
 皆さんはどのようにお考えですか。





 枯損木等危険木を伐採し地拵実施中
 林内に入っても枯れ枝等が落下しないように伐採。
 大きくなりすぎて、成長が止まり樹木内に腐朽菌が
侵入。
 等の樹木を伐採し、新しく苗木を植栽します。
 そのことで、新たな幼木が芽生え、苗木を植栽することで、二酸化炭素吸収源としての役割をさらに発揮させることができます。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。







 ウッドデッキ建て替え中
 ウッドデッキ建て替え4棟目です。
 とにかく暑いです。
 死にそうなぐらい暑いです。
 皆さん60代以上です。
 しかし、元気ですよ。
 若いもんにゃー負けとらんよ〜。
 できあがりが楽しみです。
 しかし、一難去ってまた一難
 出口の窓が開きません。
 腐敗して修理がきかないものがあります。
 さて、どうしたものか。美祢市さん
 その他の写真は里山のブログに掲載します。




 美祢市大田放課後子ども教室で竹とんぼづくり
 子ども教室の生徒17名が竹とんぼづくりに挑戦しました。
 今までに竹とんぼを作ったことがある子どもが1名いました。
 中々、機会が無いようです。
 今日は、その機会を提供できました。
 ヤスリのかけ方、バランスの取り方や飛ばし方の練習
 見やすいようで難しい行程です。
 最後は、みんなで外に出て思いっきり飛ばしてみました。
 みんな喜んでいたのが印象的でした。
 初めて作って、初めて飛ばした子どもたちがほとんどでした。
 もっと、こうした自然の体験を増やして、自然を相手にできる美祢っ子を養成したいですね。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。




 腐敗して使えなくなったウッドデッキを建て替え中。
 この度は、丸太で作製しました。
 塗装が未だ未完成ですが、ケビンのウッドデッキ楽しんで下さい。

 デッキづくりを体験したい方は、私たちと一緒に作ってみませんか。
 お待ちしています。











 KBC九州朝日放送が秋吉台家族旅行村を取材
 中央の女性がアイタガールの野田桃香さんです。
 ピザ焼体験をされました。
 美味しかったと言われ私もですが職員も喜んでいました。 
 取材スタッフの皆さんの大変さもよく分かりました。
 ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。
 今度は是非個人的に遊びに来て下さい。お待ちしています。











 今年も丸棒が陸送されてきました。
 13トントラック2車分です。
 丸太王国の木製遊具とケビンのウッドデッキ取り替えの工事用です。
 丸太加工や木材加工の技術を勉強したい人は参加してみませんか。
 木製遊具づくりとウッドデッキづくりです。
 ご参加を希望する方は下記へ

 携帯 090−3637−1607(赤川まで)








 里山の豊かな資源(山の売店=仮称)
 木工品、竹細工、ツル細工などの山口県の豊かな自然素材を活用した物作りを展示販売します。
 今は、空き店舗を捜していてようやくここだというところが見つかりました。
 来週には、中を見させていただくことになっています。
 ここで、「里山物語」のイベントなど沢山行い、PR活動をしていきたいと考えています。
 地域情報紙やマスメディア等を活用して普及啓発をしていきます。
 県内の林業グループや森林・竹林ボランティアグループ等と連携して、各グループの活性化や美東町の地域活性化も目指していきたいと考えています。























 レノファの応援グッズ作製研修会
 レノファの関係の方々が今後マダケで作製する応援グッズをつくるための研修会を開催されました。
 場所は、NPO法人やまぐち里山ネットワーク指定管理する秋吉台リフレッシュパークです。指導はNPOの私たちが行いました。
 大変暑い中、火をたいて乾燥油抜きをされ暑かったでしょう。
 皆さん今後ボランティアの方々等の指導者として、一生懸命汗を出して研修を受講され、約150組の応援グッズをつくられました。
 これからも、レノファはもちろんグッズ作製応援団も頑張って下さい。










 令和4年度総会を開催
 NPO法人やまぐち里山ネットワークの令和4年度の総会を開催しました。
 令和3年度も多種多様な行事やイベントを開催しました。
 令和4年度も新規事業がかなり増えています。
 対応できるかどうか不安なところが有りますが、しっかりやっていく必要があると思っています。
 会員一丸となって、頑張っていきましょう。










 秋吉台家族旅行村のミニ植物園で観察会開催
 5月15日(日)に秋吉台家族旅行村に設置している
ミニ植物観察園で観察会が行われました。
 講師は、中沢さんと齊籐さんにお願いしました。
 約2時間のコースで参加された皆さんは、説明を聞き入っていました。

 これから、下草にに覆われる既設になりました。管理が大変です。












2050年の森で山菜天ぷら試食会 
 秋吉台に引き続いて、2050年の森5月8日に実施しました。
 沢山のお客さんが試食されました。


 その他の写真は里山のブログに掲載します。














 秋吉台家族旅行で山菜天ぷら試食会 
 秋吉台リフレッシュパークに引き続いて、秋吉台家族旅行村で5月4日に実施しました。
 今日も沢山のお客さんが遊びに来ておられました。
 山菜天ぷらを目的に来られているお客さんもおられ、大変嬉しかったです。
 今年は、きらら博記念公園の2050年の森で、5月8日に開催するのが最後となります。
 また来年の開催になります。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。








 秋吉台リフレッシュパーク山菜天ぷら試食会
 22種類の山菜を天ぷらにしました。
 当日ご来場いただいたお客様に山菜の天ぷらを試食していただきました。
 こんなのが食べられるのと驚いておられましたが、美味しく頂いておられました。

 明日4日は、秋吉台家族旅行村で試食会を開催します。

 是非おいで下さい。


 その他の写真は里山のブログに掲載します。





 5月の連休の木工体験

 竹とんぼづくり、草木染め、カッティングボードの体験を行いました。
 竹とんぼづくりは子供に大変人気です。
 最近は、こうした体験をする場所が少ないからでしょうか。
 また、自分が作った竹とんぼが空に舞うことが楽しいのだと思います。


 その他の写真は里山のブログに掲載します。









 2050年の森整備検討会開催

 松林の枝打ちや補植の樹種等について検討会を開催しました。

 残り2年で基礎的な整備をしておく必要があります。

 2050年には海岸の森として立派に成長した森にする必要があります。

















 木工体験(秋吉台家族旅行村)
 昨日の天気に比べて今日は快晴です。嘘みたいです。
 昨日の雨風で秋吉台家族旅行村は停電となり、当分(3〜4ヶ月)は修理できない状況です。どうなるのでしょう。
 今日は、春の木工体験のイベントを開催しました。
 丸太の遊具に遊びに来られたお客さんなどがたくさん参加されました。
 本当はまだたくさんのお客さんが来られる予定でしたが、天気の関係で、かなりの方がキャンセルとなりました。

 今日は、焼スギ体験と竹とんぼづくりの2種類を開催しました。
 竹とんぼは、青空に高く高く舞っていました。

 その他の写真は里山のブログに掲載します。









 植樹ボランティア活動

 2050年の森ファンクラブの皆さん及び積水ハウス
(株)山口工場の職員の皆さん総勢50名で2050年の森にクヌギを植林しました。
 子供さんも楽しそうに穴を掘ってクヌギを植栽していました。
 これからも「県民の森」として、このきらら博記念公園2050年森が親しみやすく、また県民の手で管理していけるような仕組みを築いていきたいですね。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。







 2050年の森で椎茸の駒打ち体験

 あいにくの雨と寒い中皆さん楽しそうに椎茸の駒を打っていました。
 子供さんたちもドリルで穴をあけ種駒を金槌で叩いて穴の中に打ち付けていました。

 コロナ過の中で人数制限をして実施しました。
 今日参加された皆さんは、2050年の森ファンクラブに加入されていますので、常に情報を提供して優先的に参加できます。

 次は、3月13日(日)のクヌギの植栽活動です。
 これも人数制限で実施する予定です。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。 






 2050年の森の滑り台

 滑り台の上から、木製遊具の写真を撮っていたら、遊びに来ていた子供たちが滑り台に上がってきました。
 可愛い男の子と女の子。遊んでくれてありがとう。
 作成中の木製遊具も来週14日の週には完成すると思いますので是非遊んで下さいね。
 本当に可愛いね。











 2050年の木製遊具づくり
 完成90%です。
 あとは細部の調整や安全確認を行えば完成です。
 今しばらくお待ち下さい。
 今日2050年の森には遊びに来られた家族がたくさんおられました。
 完成を待ちわびておられました。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。









 2050年の森木製遊具づくり
 本年度も木製遊具を設置します。
 森のテラスとゆらゆら丸太と平均台です。
 皆さんも遊びに来て下さい。
 2月末には完成予定です。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。














 令和3年度森林ボランティアリーダー養成講座が修了

 閉講式にこの2年間研修を受けてこれからどんな活動をするか。
 活動するための課題等は何かなどの話し合いを行いました。
 皆さんこれからも連携して、情報の共有や活動などを行っていくことで話し合いがまとまりました。
 それぞれ皆さん仕事がある中で土日等の休日を今後うまく活用していくことになりました。
 NPOとしては積極的にサポートしていくことが必要と考えます。
 同様に県としてもこれから一層のサポートをお願いします。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。






 きらら博記念公園内の2050年の森に設置予定の遊具づくり
 今年は、ゆらゆら丸太とバランス丸太、丸太小屋を作る予定です。
 たくさんの子供たちが遊んでもらえると良いですね。
 完成は、3月初めの予定です。


















 どんど焼き
 門松やお飾りを焼きました。
 風が強くて、乾燥日が続いたので、なかなか焼けませんでした。
 竹が豪快な音を出して燃えていきました。
 サファリの動物がびっくりしたのでは無いかと思うくらいです。

 コロナ終息と、世の中の平和、災害の無いことなどをお願いしながら焼きました。







 森林・環境ボランティアリーダー養成講座
 視察研修
 初日はフォレストアドベンチャー糸島の森林活用状況を視察しました。
・糸島市有林を活用して大人から子供まで遊べる森づくり。
・すぎ林の中間伐し遊具を設置しています。
・遊具もワイヤーを使ったアドベンチャー遊具でかなり高度な物でした。
・若い人がかなりの人数働いていました。
・若い人が体験する施設でした。
・高齢者には少し厳しいですね。
 2日目は、宗像神社の森の手入れ状況を見に行きました。
・公園的な管理をしています。自然林で有りながら(植栽木も有り)ここの木々がパワーを持っているような管理の仕方です。
・一寸したアイディアがパワースポットになっています。




 ぜんざいのおもてなし
 秋吉台リフレッシュパーク恒例のお正月行事「ぜんざいのふるまい」をしました。
 皆さん美味しいと好評でした。

 早く平常に戻れば良いですね。












  令和4年1月1日の初日の出
  これまでに8回実施してきた秋吉台のご来光イベントの中で、一番きれいな初日の出でした。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。






 秋吉台トロン温泉で石焼き芋の無料配布

 今年一年のお客様に感謝の気持ちを込めて石焼き芋の無料配布を行いました。
 一日50名限定で実施。毎年実施しています。
 焼き芋器の改良が必要です。来年は改良した機械で実施します。

 正月は、ぜんざいを無料で配布します。
 1月2日と3日(10時から)です。数に限りが有りますのでお早めにお越し下さい。








 きらら博(記念ドーム)に門松を設置
 大きさは、ペール缶で作成しました。
 きららドームの年明けの準備ができました。

 職員の皆さんと記念撮影です。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。













 ミニ門松づくり(松林整備)
 マツの枝おとしをして、切ったマツの枝でミニ門松を作りました。
 非常に寒い中、風も強かったです。雨は降らなかったので良かったです。
 まずは、皆さんマツの枝おとし体験を行いました。子供たちはもう少しやりたいようだったのですが、時間の都合で物足りなかったようでした。
 約1時間で完成しました。
 次の体験イベントは、くぬぎの植栽や椎茸のほだ木づくり等

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。







 門松づくり
 秋吉台トロン温泉(秋吉台リフレッシュパーク)に門松を設置しました。
 年末は色々とイベントがあり日程調整がきかないので、早めの設置となりました。
 コロナの終息を願って心を込めて作成しました。
 皆さんも是非秋吉台トロン温泉に入って終息を願って下さい。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。











 ハートも新しくなりました。
 ハートが新しくなるのはどんな意味があるのでしょうか。
 新しい出会いがあるのかな。
 それとも、幸せな二人に又新しい幸せが来るのかな。
 いずれにしても幸せには変わり有りませんね。
 今は、メリークリスマスの飾りをつけています。
 是非、お二人で見に来て下さい。
 皆さん見に来て下さい。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。








 リフレッシュパークのトトロが衣替え
 今度のトトロは少し大きめに作りました。
 ふっくらと可愛いですね。
 目もパッチリとしています。
 是非皆さん会いに来て下さい。




 その他の写真は、里山のブログに掲載します。











 森のプランナー養成講座2部第1日目
 草木染め指導者養成

 皆さんそれぞれ気に入った色になりましたか。
 樹木の種類でこんなに色々な染織ができるのがたまらなく良いですね。
 まだまだ、色んな樹木により色々な色が出ると思います。
 これから研究してみましょう。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。








 森のプランナー養成講座2部第1日目
 ミニ門松づくり指導者養成

 少し早いミニ門松づくりです。
 12月19日に一般の方を集めてミニ門松づくり体験イベント実施します。
 研修を受けた皆さんはそのときの指導者になります。
 ツノ結び(男結び)頑張ってください。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。








 クリスマスリースづくり
 参加者10組でクリスマスリースづくりを開催しました。
 ツルを丸めてその周りにすぎの葉を巻いてシュロ縄で止めます。
 その上からクルーガンで松ぼっくり、どんぐり、やしゃぶしの実、などを自分のセンスでつけていきます。
 皆さん上手にできました。
 自然の物だけを使った環境に優しいクリスマスリースです。
 すぎの葉は枝打ちをした葉を使い、ほかの実は山で落ちていた木の実を使いました。
 子供たちも、抗したことを繰り返しながら自然を学んでほしいですね。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。






 水を守る森林整備活動
 宇部市の利水企業の皆さんが秋吉台家族旅行村に集合して、秋吉台家族旅行村の森林及び周辺の森林整備を実施されました。
 人工林の間伐と天然林の除伐を体験されました。
 森林は、遠くから見ると緑みどりしていて健全そうに見えますが、中に入ると人も入れないような真っ暗な森林が沢山あります。
 足下に草や下木が生えるように木漏れ日が当たるような森林が健全で水もたくさん蓄えることができます。
 皆さんの所有している森林はいかがですか?

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。 





 第19回秋吉台リフレッシュパークまつり
 11月7日に開催しました。
 天気予報では初め雨で90%の降雨確率でしたが前日のアウトドア大会と併せて雲1つ無い晴天に恵まれました。
 日頃の行いが良いと関係者の感謝です。
 本年度から新たに施行した企画で実施しましたが、思わぬ成功でスタッフ一同ほっとしました。
 今後は、美祢市の観光PRとして開催していきたいと感じました。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。








 秋吉台アウトドア大会
 テントの立て方講習会
 アウトドアキッチン講習会
 など森だくさんの体験イベントを開催しました。
 60サイト有るオートキャンプ場で使えるサイト(イベント使用以外)約50サイト(180人)が参加されました。
 ジビエ料理や鳥の丸焼きなどキャンプに醍醐味の体験を実施し参加者も楽しんでいました。
 恒例の行事として引き継いでいき、美祢市の自然豊かな観光としてのPRができればと思います。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。







 2021里山フェスin秋吉台を開催
 たくさんのお客様が秋吉台家族旅行村においでになりました。
 やはり一番人気は竹コースターですね。
 丸太切り競争や柿の皮むき競争などもすぐに完売でした。
 前夜祭は、有害獣(イノシシ)を食ッチャロパーチィーを行いました。美味しかったです。
 恒例の焼きマシュマロも人気でした。
 この写真は、じゃんけん大会を待っている皆さんです。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。 






 ゆめ花マルシェ2021が開催されました。
 巨大孟宗竹のコンクール、竹細工(竹の花器づくり)、鮎のつかみ取り、森林ボランティア加入促進、山口県森林づくり県民税のPR、そのほか各林業関係団体の日頃の取り組みによる体験コーナーなど森だくさんでした。
 今年は、多くの方のご来場があり嬉しい悲鳴でした。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。









 竹のピラミッドベンチ作成
 孟宗竹でゆめ花マルシェに出店するためのベンチを作成しました。
 10年ぶりに作成しました。なかなか良いできです。
 皆さん10月9(土)10(日)に開催されるゆめ花マルシェに是来てみてください。
 ゆめ花マルシェでは当NPO法人やまぐち里山ネットワークも2050年の森に出店します。テント数は10テントぐらい有ります。
県内の林業関係グループや、森林ボランティアグループなども出店します。
 2日間楽しく遊べると思います。







 真夏の昆虫教室開催
 コロナ感染防止対策をしっかり取って人数制限の元開催しました。
 抽選に漏れた方は大変申し訳ありませんでした。
 来年は、沢山の方が参加できるようになったら良いですね。
 色々な昆虫の姿を見ることができました。普段は何気なく通っている森の中には、沢山の昆虫が生活していました。
 角田先生の昆虫のお話はやはりおもしろいですね。
 これからもよろしくお願いします。
 10月9日(土曜日)2050年の森で昆虫教室を(花マルシェ2021)で開催予定です。詳しくは今後ホームページ等を参考にしてください。
その他の写真は、里山のブログに掲載します。






 夏休み宿題づくり、木工教室
 夏休みの宿題づくりのお手伝いします。
 木工教室をしました。
 小物入れ、鉛筆立て、葉脈のしおりづくりです。
 あいにくの天気とコロナの影響で今日は特に人の流れがありません。
 山口県も感染者が急増しているので、感染対策を行いながら開催しました。
 参加人数も非常に少なかったです。
その他の写真は、里山のブログに掲載します。
 







 ゆらゆら丸太で遊ぶ子供たち

 今年製作した木製遊具で子供たちが楽しそうに遊んでいます。
 西日本一の木製遊具の拠点として、今後も造っていきたいですね。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。











 樹名板設置ボランティア活動
 葉脈のしおりづくり体験


 手作りの樹名板を皆さん作成して、樹木に下げました。
 その後、葉脈のしおりづくりを体験しました。

 苛性ソーダで煮た樹木の葉を歯ブラシで表面を叩いて取り除き葉脈だけにします。
 それに自分の好きな色で染めて、ラミネートしました。

 素敵なしおりができあがりました。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。





 完成した木製遊具で遊ぶ子供たち

 できたての遊具で子供たちが遊んでいました。
 キャンプに来たとのことでした。
 さすがに子供たちは身軽ですね。難なく渡っていました。
 私も子供の頃はこうだったんでしょうね。
 小さい頃を思い出しながら、子供たちの様子を見ていました。
 また、遊びに来て下さいね。









 2050年の森看板設置
 樹齢70年のヒノキの伐採した根元部分を有効活用し、看板を設置しました。
 自然素材及び資源の有効活用をした環境に優しい取り組みと思っています。
 ネジ以外は全て自然素材の木材です。
 2050年の森は、できるだけこうした木材等を使った取り組みをしていきたいと思っています。
 ちなみに奥に見える遊具も全て木材を使用しています。










 木製遊具完成
 丸太の基地が完成です。
 連休に間に合いました。












 ゆらゆら丸太が完成です。
 これは、中々難しいですよ。
 合計14本のゆらゆら丸太を渡っていきます。
 作成したスタッフで競争しました。
 一番は、25秒で渡りました。
 一番遅かったのが47秒です。ちなみに私です。
 しかし、みんなは本気でしたけど、私は適当でした。(負け惜しみ?)
 遊具の全貌はまた近いうちに掲載します。





秋吉台家族旅行村 木製遊具づくり
 秋吉台家族旅行村の丸太村に木製遊具を建設中です。
 8月には、遊べるようにしたいので頑張っています。
 今回は2種類の遊具を作成しています。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。












秋吉台家族旅行村の木製遊具製作開始
 7月1日に15トントラック一杯に丸棒が到着しました。
 6cmから20cmまでの丸棒です。(山口県では作成されていません。)
 現在、ウッドショックで国産材の値段が上がっています。
 3年前購入した時より約2割高騰しています。今後も高くなりそうです。
 さてこの材を使って木製遊具を造っていきます。
 今年は2個の遊具です。子供たちが遊べるものを造ります。
 楽しみにしていてください。 ちなみに、天気次第ですが、8月初めのオープンを目指します。
 ブログは、ある程度動きが出てきた時点で掲載します。







美祢地区林業女性がバームクーヘン作り
 柿の葉を混ぜたバームクーヘン作りを実施しました。
 約1時間30分かかりました。20回程度生地を巻いては焼きを繰り返し、厚さ3cmのバームクーヘンができあがりました。
 暖かいプリン(柿の入り)もつくりました。バームクーヘンは、しっかりと硬く美味しかったです。
 温プリンも濃厚で柿の葉の香りが少し残り美味しかったです。
 その他の写真は、里山のブログに掲載します。










 広葉樹の間伐
 秋吉台家族旅行村の広葉樹が大きくなりすぎました。
 今後、間伐をしないと林内がだんだんと暗くなってきます。
 明るい里山、楽しいキャンプ場にするためには、今後こうした作業が必要となってきます。
 今日、雑木を3本倒しましたが、大変な作業です。これは、指定管理料には含まれていない作業です。
 森林の管理費は指定管理料には含まれていませんが、NPO法人やまぐち里山ネットワークとしては使命と思ってボランティアで実施してきました。
 これからが大変です。ちなみに間伐した材はキャンプ用等の薪として有効活用します。





 平成3年度総会を開催
 5月22日(土)にNPO法人やまぐち里山ネットワークの平成3年度総会を開催しました。
 現在会員数20名です。
 今年度は会員を少し増やしたいと考えています。
 当法人も高齢化が進んでいますので、後継者の育成が課題です。
 こうした活動をやってみたい興味がある人は是非ご連絡ください。
 楽しく、皆さんと和気藹々で活動ができます。









 2050年の森で山菜天ぷら
 山菜の種類20種を天ぷらにして試食会を開催しました。
 2050年の森では初めての開催でした。
 たくさんの方々が試食会に参加され、美味しいと食べていただきました。
 子供さんも美味しいと言って食べていました。

 コロナの時期に中々開催が難しいですが、感染防止対策を万全に実施できました。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。





 秋吉台家族旅行村で山菜天ぷら試食会
 山菜20種類の天ぷら試食会を開催しました。
 昨年はコロナで閉館になり、開催できませんでした。
 今年は、開催することができましたので、コロナ対策を万全にしました。

 もたくさんの方が試食されました。
(令和3年5月4日)



 その他の写真は、里山のブログに掲載します。




 秋吉台リフレッシュパークで山菜天ぷら試食会
 山菜20種類の天ぷら試食会を開催しました。
 今年は、春が早かったので肝心のタラの芽やコシアブラが大きくなりすぎて食べられなかったです。残念
 その代わり、新しいメニューが追加されました。
今年もたくさんの方が試食されました。
(令和3年5月3日)
5月4日は、秋吉台家族旅行村で開催します。
 その他の写真は、里山のブログに掲載します。
(忙しくてたくさんの方が来ているところの写真が撮れませんでした。言い訳です。)




 秋吉台のトロン温泉露天風呂工事完了
 トロン温泉の露天風呂が長い間工事中などで休止していましたが、配管工事も完了しました。
 配管がむき出しなので、配管のカバーと危険防止のためにNPOで木製のカバーを設置しました。
 3人がかりで1日で作製しました。
 4月の6日(火)からオープンとなる予定です。
 長い間お待たせをいたしました。
 ただし、サウナ等のご利用はコロナの被害が拡大しており、ソーシャルディスタンスの確保がとれないことから、引き続き閉鎖となります。
 ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 以上 管理者からのお知らせとお願いです。




 令和3年度からの理事の選任のための理事会を開催しました。
 すべての理事が引き続き重任となりました。
 今後ともよろしくお願いします。
 コロナ過の中で被害拡大を防止し、現実を受け入れて、恐れることなくうまく付き合いながら、イベントも開催することとなりました。
 令和3年度は、自然の中で自然を最大限利用しながら、多様なイベントを開催し落ち込んだ世間を明るくしたいものです。
 皆さま乞うご期待を!!







 2050年の森に樹木を植栽
 海岸に強い夏みかん(山口県の花)や柑橘類や桜等の花が咲く樹木を植栽。 2050年の森の海岸線としての楽しみを皆さんに味わってもらいたいと思っています。
 何が植えてあるか、将来どんな楽しみが待っているかは、皆さん行ってみてください。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。






 2050年の森で椎茸駒打ち体験
 晴天の中で椎茸の駒打ち体験を行いました。
 今回は、コロナ被害拡大防止のため(40人程度)15組で実施しました。
 皆さん楽しそうに体験をされていました。
 今回のイベントには、約100組の方々が参加を希望されましたが、15組のみしか参加できません。
 コロナの被害が終息すれば皆さん参加できますよ。
 来年は期待しましょう。
 その他の写真は、里山のブログに掲載します。






 2050年の森に木製遊具が完成間近

 2月18日頃には遊べるかもね?






 その他の写真は、里山のブログに掲載します。





 2050年の森に木製遊具建設中
 2050年の森にたくさんの子供たちが遊びに来てもらって、自然の素晴らしさや山口県の都市公園づくりなどを体験してもうための木製遊具を製作しています。

 どんな遊具ができるのかな、楽しみにしていてください。











 樹木の移植
 全国植樹祭で植栽した樹木が混んできたため、樹木の生育が悪く枯れたところに移植をしました。
 現在、増毛中です。


 
 その他の写真は、里山のブログに掲載します。












 2050年の森に肥料をまきました。
 土地の養分が少ないことから、施肥を行いました。
 20kgの肥料を50袋(1トン)まきました。

 ただいま養分補給中です。

大きくな〜れ
  元気にな〜れ!!

 その他の写真は、里山のブログに掲載します。







 2050年の森の土壌調査結果発表会
 山口県農林総合技術センターの協力を得て調査した「きらら博記念公園」内の2050年の森の土壌調査結果発表会がありました。
 全国植樹祭で植栽した2050年の森の土壌がどんな状況かを調べたものです。
 結果によっては、管理方法の見直しをしなければなりません。
 今回の調査では、塩分は含まれていないことが分かりほっとしています。
 問題は、土壌が硬くて根が下に広がりにくいということです。
 作業は色々ありますが、大変な作業になります。
 当面は、肥料をやりながら、下草を刈り有機肥料にして土壌も改良していくことしかできません。長くかかりそうです。
 発表会終了後にNPO法人の活動計画等について打合せを行いました。
 今後は、若い会員さらには女性会員の入会を促進していきたいと考えています。




 「氷上浪漫里山の会」がテーブルとベンチを製作
 NPO法人やまぐち里山ネットワークが作成の指導をしました。
 丸太をすでに製材して、長さもカットされていたので、スムーズに製作できました。
 皆さんも手慣れた手つきで製作されました。
 9時からスタートして13時過ぎにはテーブル3脚ベンチ6脚製作できました。
 皆さんお疲れ様でした。


 その他の写真は、里山のブログに掲載します。






 どんど焼き
 門松の大きな竹が低く地響きがする音をたてて割れていました。
 ゴジラの骨も一緒に焼いて火葬しました。
 雪が降っていて、心配なくできました。
 昨年もどんど焼きしましたが、一年たったと思えません。一年は早いですね。














  秋吉台リフレッシュパークの雪景色
 2日間で約35cm積もりました。
 10日の夜も雪が降るとあります。
 東北に比べると何でもありませんが、雪はもう良いですね。
 秋吉台も、水不足です。当温泉は井戸がからになって、現在水道で営業中です。水道代が気になります。
 この雪で水不足は解消されると思いますが、なかなか溶けないのですぐに井戸が貯まることはありません。
 雨が降ってほしいです。





 秋吉台トロン温泉入浴のプレゼント
 石焼き芋をプレゼントしました。
 べにはるかで、すごく美味しかったです。
 2日と3日はぜんざいをプレゼントします。

 今年はやはりコロナの影響で皆さん自粛しているのでしょう。お客さんが昨年に比べて非常に少ないです。

 一安心のような、不安のような複雑な心境です。












 基金事業のボランティア育成事業
 岩国市周東町祖生の和樂の里(坂本さん所有)の現地調査を実施しました。
 NPOの吉光さんと久しぶりに周東町祖生の「らあめん彩龍」でラーメンを食べようと思ったら残念!!月火水が休みでした。
 坂本さんの夢あるお話を聞いていて、里山文化構想を推進するときの気持ちを思い出しました。
 あの頃は燃えていました。
 さて、坂本さんが借りて、管理している山林は、かなり植栽されていました。雑木山もあり、滝もあるなどかなり面白い山でした。
 これからが、楽しみな山です。
 岩国農林の田戸課長さんと担当の松島さんも一緒に調査しました。
 その他の写真は、里山のブログに掲載します。 
 ついでに、バンブーオーケストラの練習会場ものぞいてきました。




 2050年の森の土壌調査を実施
 約50cmの穴を掘り、土壌の硬さや土質などの調査をしてもらいました。
 県の農林総合技術センターのご指導を頂き調査を行いました。
 全国植樹祭で植栽した樹木の生長が悪い原因は何かを調べるためのものです。
 色々な条件がありますが、当初思っていた根腐れの状態ではないようです。
 管理上の問題を含め今後調査し、対応していく必要があます。

 その他の写真は、里山のブログに掲載します 












 秋吉台家族旅行村に門松を設置しました。






 秋吉台リフレッシュパークに門松を設置しました。








 きららドームにクリスマスツリーを持って行きました。
 さしすぎの約5メートルの高さがあるクリスマスツリーをきららドームに持って行きました。
 きらら博記念公園の指定管理者のきらら未来創発パートナーズの皆さんがこれから飾り付けをします。
 今年は、外からでも見られるように窓の近くに設置しました。














 2050年の森に木製遊具用の木材を搬出。
 山口市、吉敷の山林から2ヶ月前に伐採し葉枯らししていた
木材を搬出しました。
 いわゆる、サンドライすごく軽くなっていました。色も黒く変色もしていません。